SSブログ

電車の中で落し物を拾うと [日記・雑感]

朝の通勤電車で、いつもの時刻にいつもの車両に乗るとだいたい座れる。
他の人と争う必要もなく、この日も悠々と座ろうとした。
しかしその席の窓のふちに、
MP3プレイヤーがぽつねんと座っているではないか。

ヘッドフォンもストラップも何もくっついていない、本体だけだ。
ブルーの小さな本体に、小さなボタン類と小さな液晶画面。
詳しくないが、たぶんそんな高価なものではない。
ヘッドフォンから抜けて落ちたのを、誰かが見つけてここに置いた、とかだろうか。

このまま放っておくと、終点まで行って車掌さんに回収されるだろうか。
それならいいが、ひょっとしたら心無い人に盗まれるかもしれない。
そう思うと落ち着かなくなってきたので、いつも降りる駅で届け出ることにした。
本体をつまみ上げ、胸ポケットに入れた瞬間ー

ざ わ ・・・

毛が逆立つような感じがした。
いくつもの目がこっちを見ている。
目の持ち主たちをチラチラ見ると、
(あのオヤジ、忘れ物をパクリやがった)
という嫌な感じがありありと出ていた、気がした。

降りるまでの間、さらに落ち着かない気分で座っていた。
(なんなんだこいつら! 何もしないくせに!)
こっちを見るだけで何も言ってこないのも、さらに嫌な感じだ。
(こういう奴らが、自分のSNSに感想を書いて「◯◯絶対反対、猛抗議したー」とか言うんだきっと)
最近、解説はするが解決には関わろうとしない人が多いとよく感じる。

いつもの駅で降り、駅員さんにMP3プレイヤーを渡すと、とても感謝された。
尋ねられたので、何時何分発、どの駅で見つけたかを伝える。
これで、落とした時間帯と落とした区間がわかり、
落とし主が現れた時に特定しやすくなるはずだ。

「あとですね、落とし主の方が来られなかった場合、お客様に権利が…」
「いや、いいですいいです」

そう言うと駅員さんはさらに嬉しそうになり、丁重にお礼を言われた。
おかげで最悪だった気分がずいぶん良くなった。

家に帰って妻にその話をすると、
「どれだけ落し物を届ける人が少ないかわかるね」
と言った。
本当にその通りなのだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

「もしも」の最後に思ったことは [日記・雑感]

こんな夢を見た。

カナダの森林公園で、自分が慌てている。
周囲の人々も声を上げ、頭を両手で抑え、身を低くして走り去って行く。
銃声がした。

このままだと撃たれてもおかしくない。
自分も逃げるべきなのだが、目の前に公衆電話がある。
必死の思いで、受話器を外し、警察の番号を押そうとする。
110番を押しそうになり、さらに慌てる。
9-1-1を押した。受話器を電話機から垂れ下がらせたままにして、
走って逃げた。

狭い道を走っていると、通り過ぎた人が「あの婆さんはサーバルキャットのようなもんだ」と言っているのが聞こえた。
木造の家の一軒に入る。中は暗い。キッチンではその婆さんが何か料理をしていた。
白人の、初老の女性で、よく帰って来れたものだ、もう出てはいけないと言われる。
そう言われたのに、また出口に向かう。
途中で、帰ってきた男性と出くわす。
50歳くらいの、眼鏡をかけた男性。
彼は、また出て行くのか、酔狂だなと笑って言った。

その家を出ると、大きなログハウスの方に向かった。
レストランのようだ。
さっきまでの騒ぎはまるで無かったようで、人々が楽しそうにしている。
ログハウスの前にいくつかある、木のテーブルのひとつに、妻がいた。

やっと見つけた、と駆け寄ると、妻は何事もなかったかのように、
自分が食べていたお椀を差し出した。

「食べる?」

食べているものをくれるのはいつもの通り。
えっ、かき揚げ丼?
カナダでかき揚げ丼を食べるとは思わなかった。
とりあえず食べよう。

箸を動かした瞬間に、パーンと、破裂するような音がした。
人々が悲鳴を上げて散っていく。
妻は、驚いた顔でまだテーブルにいる。
伏せて!
ふたりでテーブルの足元にうずくまった。

しばらくはこうして様子を伺おう。
そう思った瞬間に、横に男が立っているのに気付いた。
「探したよ」
落ち着いた声とともに、ひやりとした鉄の塊が、左肩に触れる。
体に垂直に、まるで左の肩口から左胸の中を狙うように、引き金が引かれた。
1回、2回、3回。痛みは感じないが、死ぬのだとわかった。
体の力が抜け、地面が近くなる。
妻に最後に言いたい事がある。
どれだけの残り時間があるか知らないまま、顔を上げ、こう言った。
「今までありがとう。おかげで楽しい人生だった」

そこで目が覚めた。
眠っている妻の顔が、目の前にあった。
慌てていたので、肩を抱いて、「良かった」と言った。
妻はすやすや眠っていた。

後でこの夢の話をすると、妻はインターネットで夢判断のページを見て、
自分が殺される夢では、殺人者は自分の分身、被害者は昔の自分であり、
生まれ変わるような転機を意味するらしい、と言った。

その理屈で言うと、妻を置いて先に死んでも、
自分さえ良ければ良いと思うような男が死んだことになる。
そう思うと気持ちが楽になったが、
そんな自分を心の奥底で探しに探して、
抹殺した自分がいるという事にもなる。

それはそうとして、なぜ警察に電話したのか。
白人の男女は何者だったのか。
やはり夢は説明不能で、だいたいの場合には
大した意味なんかないのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0) 

手術後1年と8ヶ月の状態 [入院・弁形成手術]

最近、弁膜症についてのTVCMを初めて見ました。



息切れ、疲れやすい、きっと歳のせいだ…
私もほんとに初期の頃はこんな感じでした。

最後に「高齢者に検診を」と言われるのは、
定年退職後に定期健診を受けなくなるからでしょうか。
私のように40歳の時に会社の定期健診で発見されれば、
症状が進行していない、まだ体力のある状態で
入院・処置・リハビリ・復帰とスムーズに行けました。

今や、入院した病院に行くのも6ヶ月毎。
その代わり、家の近所の病院に28日ごとに薬をもらいに行きます。


・3ヶ月毎に専門病院で検査(有給休暇取って)
・薬はドバっと3ヶ月分


・6ヶ月毎に専門病院で検査(有給休暇)
・その間は、毎月近所の病院へ通院、診察(仕事帰りまたは土曜)
・薬は28日分

毎月診察があるのはありがたいです。
再発の兆候などあれば聴診器で胸から雑音が聞こえるので。
しかし診察代・交通費など微妙に出費が多くなっている感があります。
まあ命があるだけありがたいので、あまり文句は言わないようにしましょう。

診察はサクっと終わって、心雑音なし。
処方箋をもらって最寄りの薬局に行きましたが、待ち時間が長かった…
月曜の夕方、意外と混んでました。
もらった薬は4種類。入院中は10種類くらいあったので、ずいぶん減りました。

・ビソプロロールフマル塩酸(心臓)
・フロセミド(利尿)
・バイアスピリン(血液をサラサラにする)
・ランソプラゾール(胃薬)

利尿剤は、心臓の働きが弱いと尿が出にくくなり
体内に水が溜まりやすくなるという事で出されているのですが、
正直この薬だけはやめたいです。
飲むと30分おきに5~6回くらいトイレに行かなければならないので…
今後、無くなる事に期待です。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年の誕生日 [日記・雑感]

2018-07-31T20:07:52.jpg

遅ればせながら(書いている時点で7月末)
今年も無事、誕生日を迎えられました。

この世に生まれ出て32年と120ヶ月、
つまり42年が経ちました。(前行の意味なし)

思えば弁膜症発覚で手術したのが前厄の年。
日常生活=リハビリみたいなものになっていたのが本厄の年。
うまく当たっています。
後厄の今年はもうほとんど大丈夫ですが。

これからも今まで通り、難しい状況や危ないことがあっても、
助けあって切り抜けていきたいですね。
with my better half.

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます