SSブログ

コーヒーと私/クロロゲン酸と心臓病の薬 [入院・弁形成手術]

IMG_3232 2.JPG

私はコーヒーが大好きです。

父が家で豆を挽いてコーヒーを入れ、
ブラックで好きなだけ飲む人なので、
学生時代から同じようにガブガブ飲んでいました。

留学するとイタリア人の友達からの影響で、
一時期エスプレッソを飲むようになりましたが、
虫歯が増えたのと、眠れなくなる事が多かったので、
30才あたりで止めました。
そしてブラックコーヒー党に戻り、今年に至っていたのですが…

体調の変化とコーヒーの関係をしばらく考えていたところ、
どうやらブラックコーヒー飲み過ぎで胃の調子が悪くなる事が増えています。
おそらく主な原因はコーヒーに含まれるクロロゲン酸。
コーヒーポリフェノールとしても知られ、胃酸の分泌を促進するとの事。
胃酸は消化を助けてくれるはずですが、
筆者は2年前の入院以来、胃酸の分泌を抑える薬を処方されています。
これ、他に処方されているバイアスピリンという、
血液をサラサラにする薬の副作用(?)で、胃のダメージが治りにくくなるため
胃酸による胃へのダメージを軽減するためのようです。

つまりコーヒーを飲んで、胃酸を出すのは良くない状況なのです。
もっとも、加齢によって胃粘膜も弱くなったりするらしいので、
他にも要因があるっぽいですが。

という訳で、12月に入ってから1日2、3杯飲んでいたコーヒーを
1杯に抑えることにしました。
どうしてもコーヒーが欲しい時は、ラッテにします。
牛乳が多く入っていると胃へのインパクトが減るらしいので。

あとは紅茶を飲んでます。
これが久々に飲むと以外に美味しい。
留学時代にホストファミリーの家で一生分飲んだと思っていましたが、
年を取って味覚が変わったのか、また美味しく飲めるようになりました。
これもまたよし。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Mac Mini Late2018導入紆..最終回 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます