SSブログ

Mac Mini Late2018導入紆余曲折 5.使用感 [買い物]

2018/12/12に、念願のMac Mini Late 2018モデルを購入しました。
弁膜症の手術からちょうど2周年なのに加え、
PayPay 20%還元キャンペーンがあったので背中をグイッと押されました。

IMG_0644.JPG

27インチディスプレイも購入し、
ボーナス吹き飛んだ
Macライフがものすごく快適になりました。

Mac Miniにして良くなった点、色々ありますが

まず動作が早い。
今時のOSと、適したCPUの性能で、何でもサクサク動かせます。
普段よく使うiPhoto、iTunesが超高速で立ち上がり、動かせ、フリーズもしないのは大変ありがたい。
あと、何か入力して変換キーを押すとよく待ち時間が発生するのも、当然なくなりました。

そして、今時の機能が使える。
先代の2009年iMac(OS X 10.9.5でアップデート打ち止め)では、
実はiCloud、Appstore、Airdropがちゃんと使えませんでした。
あと、iTunesでも一部やりたい事ができず。
私はMacを使い続けてるだけで有識者ではないのですが、
OS X 10.9.5自体の問題ではなく、
iPad mini4との組み合わせがダメなのではないかなと感じていました。

動きとして、
・iMacでiCloudやAppstoreを使おうとする
 →iPad mini4で認証が必要となるが、認証エラーが出る
・AirdropでiMacからiPad mini4が見えない。
 逆もまた然り。当然データのやりとりもできない。
・iMacのiTunesで、iPad mini4にワイヤレスで同期しようとすると
 必ず失敗する(有線ケーブルなら成功する)

この辺り、他の方法で何とかなっていたので
原因と対策を調べたりはしませんでした。
所謂だましだましというやつです。

例えばAirdropでiMacとiPad mini4間のデータの交換が簡単にできない。
こういう時はGoogleドライブを使って共有していました。
ちょっと手間がかかるとはいえ助かっていたのですが、
今やAirdropで一瞬。さらに快適です。

最後に、iMacと比べるのは正当ではないかもしれませんが、
LGのディスプレイにして、画面が明るく見やすくなりました。
先代iMacで映画など見ていると、夜や暗闇のシーンがかなり見えにくかったのです。

前の方が良かった点も多少あります。

初代Magic Keyboardを使いまわしていますが、
Mac Mini起動時にうまく接続できない事が多いです。
エラーが何回か出て、しばらくして接続できる、というような感じです。

あと、これもキーボードですが
F10〜F12キーでの音量調整ができなくなりました。
なぜかと言うと、ディスプレイに内蔵されているスピーカーから
音を出すよう設定しているからです。
F10〜F12キーで音量調整しようとするなら、
Mac Miniのスピーカーを選ぶか、
おそらく別なスピーカーをMac Mini本体につなぐ必要があります。
どっちもやる予定ないですけどね。
ボーナス吹き飛んだし


APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます